アンチエイジングde美魔女│妊娠線も予防できる魔法のケアを知ろう

笑顔の女性

50代の化粧品とは

肌の変化を見逃さないで

女性が女性として生きていくうえで、絶対に避けては通れないもの、それは肌の曲がり角です。20代のころ、「最近、ほおの毛穴が目立ってきた」「シミが増えたかも」と感じたことはありませんか。それが、最初に感じる肌の曲がり角です。この段階での肌の悩みは、ごく表面的なものです。でも長年の肌研究によると、じつは肌の曲がり角は二度あるのです。その二度目50代前後に訪れます。輪郭のたるみや小じわなど、肌や顔立ちの本格的なくずれで、二度目の曲がり角は、一度目より深刻です。理由は、肌の悩みがホルモンバランスと深くかかわっているからです。50代ごろから、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少しはじめると、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンも減少します。

50代に必要な基礎化粧品

それにともなう肌悩みと闘っていく50代の肌には、高機能な基礎化粧品で一歩進んだ積極ケアが必要なのです。日ざしが強くなる夏に向けて、基礎化粧品を心強い味方にしましょう。肌のバリア機能維持に関わっている酵素は加齢によって活性が低下します。最近は敏感肌をケアしながらエイジングサインにも積極的に働きかけてくれる基礎化粧品が注目されています。まさに肌へのやさしさと高い機能性を両立した基礎化粧品。独自の保湿成分を配合し、肌あれや乾燥を防ぎながら、肌本来の生まれ変わりをサポートします。単純に肌表面を覆って水分をとどめるのではなく、肌の悩みに深くアプローチしてくれるのがポイントです。美白有効成分m-トラネキサム酸がメラニンの生成を抑え、50代の肌に透明感をもたらします。