アンチエイジングde美魔女│妊娠線も予防できる魔法のケアを知ろう

妊婦さん

基礎化粧品で若さ維持

社会で活躍する40代女性は増えてきました。若々しくきれいでいたいのは、女性としての素直な心理です。それに合わせた基礎化粧品を選んでいくことは大切で、肌の老化を抑えて、簡単に手入れができる工夫が評判となっています。

詳細を確認する

妊娠線予防する方法

妊娠線予防はセルフでもエステでも

妊娠線予防をするには、クリームやオイルなどで防止するのがおすすめでしょう。妊娠線予防のためのクリームやオイルは、ドラッグストアや通販で購入することができるようになっています。様々な種類が販売されているので、自分の肌に合うものを選ぶのが良いです。また通常のエステサロンなどでは、妊婦の場合危険を伴うことから施術を行っていないところもあるでしょう。しかし、今ではマタニティーエステなどを行うエステサロンも増えているため、それらでは妊娠線予防のための施術を行っているところもあります。妊婦は妊娠線の他にも、むくみであったり腰痛や肩こりなどの症状を訴える人が多いでしょう。ですから、そのような症状を和らげるためにもマタニティーエステは、効果的となっています。

妊娠中のマッサージには注意が必要

妊娠線予防のマッサージをセルフで行う場合に、気をつけることがあります。それは、子宮の周りを刺激するのは危険ということです。優しく撫でる程度なら影響はありませんが、力をいれたりすると危険なので自分で力加減を調節する必要があるでしょう。また、マッサージ中にお腹が張るなどの影響があれば、すぐに中止するのが適切です。とにかく妊娠中のマッサージは力をいれず、ゆっくり気持ちいいマッサージを心がけることが必要です。それは妊娠線予防にも言えることで、力をいれるのではなく皮膚にクリームやオイルなどを浸透させる様にすることが大切と言えるでしょう。また浮腫やコリなどに対しては、血液の循環を良くするようにリンパ腺にそってマッサージしてあげると効果的です。

50代の化粧品とは

女性が避けて通れない「肌の曲がり角」は、二度あるのです。最初は20代のころ、二度目は50代前後に訪れ一度目より深刻です。そのため50代の肌には、肌の深くにアプローチしてくれる「高機能な基礎化粧品」で積極的なケアが必要なのです。

詳細を確認する

ガード機能を弱める

美容液を塗る前に使用するブースター美容液は、5千円前後で販売されています。1万円ほどで販売されている、美容成分が高濃度で配合されているものもあります。使用することで、角質が柔らかくなります。

詳細を確認する

↑ PAGE TOP